残局一覧

実用残局講座 「三兵対砲士象」

今回は兵類残局の最終回として「三兵(3枚の兵)」対「砲士象(守り駒は砲1枚と士1枚象1枚)」という状況の残局を解説します。これまでに紹介した「三兵対砲双士」「三兵対砲双象」「三兵対馬士象」といった残局を思い出しながら考えて見てください。

実用残局講座 「三兵対馬士象」

今回解説するのは「三兵(3枚の兵)」対「馬士象(守り駒は馬1枚と士1枚象1枚)」という状況の残局です。「三兵対馬双士」は和の確率が高い残局、「三兵対馬双象」は高兵なら必勝の残局でした。今回は「馬士象」ですが、果たして結果はどうなるのでしょうか?

実用残局講座 「三兵対馬双象」

今回解説するのは「三兵(3枚の兵)」対「馬双象(守り駒は馬1枚と象2枚)」という残局です。以前紹介した「三兵対馬双士」は黒が正しく指せば和の確率が高い残局でした。今回黒の守りが士から象に変わりましたが、どのような結果になるのでしょうか?

実用残局講座 「三兵対砲双士」

今回解説するのは「三兵(3枚の兵)」対「砲双士(守り駒は砲1枚と士2枚)」という状況の残局です。前回紹介した「三兵対馬双士」は黒が間違いなければ和の可能性がかなり高い残局でした。今回は馬が砲に変わりましたが、結果に影響はあるのでしょうか?

実用残局講座 「三兵対馬双士」

今回解説するのは「三兵(3枚の兵)」対「馬双士(守り駒は馬1枚と士2枚)」という状況の残局です。以前紹介した「三兵対士象全」は高兵なら必勝の残局でしたが、今回は黒の象2枚が馬1枚に変わりました。この変化が残局にどう影響するのでしょうか?

実用残局講座 「双兵対単馬」

今回解説するのは「双兵(2枚の兵)」対「単馬(馬1枚)」という状況の残局です。今までは兵類残局の中でも、黒の守りが士や象という守り駒のみの場合を見てきました。そこで今回からは、馬や砲といった攻めにも使える駒が相手にある場合を考えていきます!

スポンサーリンク