発展途上の対局サイト「Xiangqi.com」を紹介!

これまでシャンチーのオンライン対局ができるものでは「PlayOK」というオンラインゲームサイトと「天天象棋」という中国のアプリについて紹介してきました。

↓その時の記事はこちらです。

今回はシャンチーのネット対戦ができるサイト「PlayOK」について紹介します!PlayOKは日本語で簡単に対局ができる貴重なサイトなので、日本人プレイヤーの皆さんにはぜひ一度使って見て頂きたいです!
「天天象棋」は世界で最も有名で利用者の多いシャンチーアプリです。中国のアプリなので日本語対応していませんが、あったらいいなと思う機能がほぼ全て備わっている素晴らしいアプリなので、皆さんもぜひダウンロードしてやってみてください!

今回は新たに「Xiangqi.com」というサイトを紹介していきます。

Xiangqi.comとは?

Xiangqi.com」は様々な国のプレイヤーが集まる1番のシャンチー対局サイトを目指し作られました。これまで紹介したPlayOKや天天象棋と違い、ここ数年(恐らく2年ほど前)に誕生した新しいサイトです。

サイトの名前から察するに、チェスの国際的対局サイト「chess.com」のシャンチ-版を目指しているのだと思います。確かにPlayOKはシャンチーに特化していないですし、天天象棋は中国人以外には不便なので、chess.com的なシャンチーサイトができるのは日本人を含め海外勢としては嬉しいところです。

現状はまだまだ発展途上といった印象ではありますが、今後どうなっていくか楽しみなサイトです。

簡単な使い方紹介

まず「Xiangqi.com」のサイトを開くと、以下のような画面になります。

そして左下の「signup/login」を押すと次の画面に移ります。

ここでアカウントを作ります。特別変わったことはなく、メールアドレスを打ったりすれば普通に作れると思います。

無事アカウントが出来てログインすると次の画面になります。

上部の「select opponent」が現在相手を待っているプレイヤーで、右下の「join」を押すと対局が始まります。時間設定や紅黒を自分で決めたい場合は、右上の「New Game」から設定することができます。

また下の「play with computer」ではコンピュータとの対戦が出来ます。少し対戦してみたのですが、このコンピュータは結構くせ者です。どのレベルでも開局が非常に弱いのは共通しているのですが、高レベルになると中局から急にまともになって巻き返してきます(思えば一昔前の将棋ソフトはどれもこんな感じでした)。なので対局してもあまりシャンチーの勉強にはならないでしょう。

右上の「English」を押せば、言語を中国語かベトナム語に変えることもできます。ユーザーが増えれば、いずれは日本語にも対応してくれる日がくるかもしれませんね。

ちなみに対局画面はこんな感じです。

少し変わったところといえば、時計の横にある「48」という数字です。この数字は駒の価値の合計点を表しています。上の局面はまだ始まったばかりなのでお互い同じですが、対局が進むにつれて駒が減るためどんどん数字が減っていきます(兵卒が河を渡った時だけ増えます)。これがあると駒の損得がひと目で分かるので、特に初心者の方には便利な機能かもしれません。

なお駒が漢字ではなく絵柄(チェスみたいなマーク)になっている場合は、左下にある「settings(上の画像では切れてます)」から変更することができます。

またログイン後の画面の左側にある「Leaders」を押すと、レーティングによるプレイヤーのランキングを見ることが出来ます。

右上の「worldwide」を押すと、各国別の順位も見ることができます。

他にもそれほど充実している訳ではありませんが、英語の記事を読んだり、問題を解いたりすることもできます。

ざっくりですが、以上が大まかな説明になります。

最後に

Xiangqi.comは比較的新しいサイトということもあって、PlayOKや天天象棋と比べるとプレイヤーの数が圧倒的に少ないのが現状です。そのため敢えてこのサイトでプレイするメリットは正直ほとんどありません。

ただシャンチーというゲームの国際化という観点から言えば、こういったサイトの存在は非常に重要だと思い、今回紹介することにしました。

興味を持たれた方はぜひ一度覗いてみて欲しいですし、今後のこのサイトの発展に期待したいです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!