実用残局講座 「単馬対双象」

状況解説

今回は「単馬(1枚の馬)」対「双象(守り駒は象2枚)」という状況の残局を紹介します。

以前紹介した「単馬対単象」は将と象の位置関係によって結果が変わる少し難しい残局でしたね。

今回黒の守りの象が2枚に増え防御力が向上するのですが、果たして紅は馬1枚で勝つことができるのでしょうか?

例題①

この局面を考えて見ましょう!

  1. 馬六進七 象1退3
  2. 馬七進八 将4進1
  3. 帥五進一 象3退5
  4. 馬六退七 将4退1(和)

いかがでしたでしょうか?

実は例題①の局面は象が乱れていて黒が危なそうな形を敢えて作ったのですが、それでも2枚の象の連携が強力で単馬だけでは攻撃力不足でしたね。

実際この例題を見て分かるように、この「単馬対双象」は必和とされています。

黒がうっかり象を1枚取られてしまうようなことがあれば状況も変わるのですが、2枚の象を連携させておくだけなのでその望みもかなり小さそうです。

もし単馬側を持って実戦で遭遇したら、素直に勝つのは諦めて和を提案しましょう。

まとめ

「単馬対双象」の残局は

必和

という結論になります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!