殺法上級 チャレンジ問題⑥

シャンチー上級者向け殺法チャレンジ問題の第6回です。

今回は7手~11手詰めの少し手強い問題を4題用意しました。

腕に覚えのある上級者の皆さん、頑張って解いてみてください!

問題㉑

9手詰め

問題㉑の解答

  1. 兵五進一 将4退1
  2. 兵五進一 将4進1
  3. 馬四進六 砲8平4
  4. 馬六退八 車1退6
  5. 馬八進七 (紅勝)

2回合紅の兵五進一が一つ目のポイントでした。馬でのジャンなので士6進5とは取れず、帥の利きがあるので兵を将で取ることも出来ません。将4退1と砲を取ると兵五平六で即詰みなので将4進1と上がるより仕方ないですが、ここからの馬の動きが最大のポイントでした。

砲を支えにジャンをかけながら移動し、最終的には自分一人で詰ましてしまうという非常にアクロバティックな面白い手順です。

なかなか実戦では現れなさそうな手順でしたが、皆さん思いついたでしょうか?

問題㉒

7手詰め

問題㉒の解答

  1. 砲四平五 象5退7
  2. 馬三退五 将5平4
  3. 車四進一 士4進5
  4. 砲五平六 (紅勝)

この問題は手順も少し短いですし、殺法自体も特別難しい訳ではありません。ですがこのような上級問題に取り組んでいる上級者の方こそ、迷路に迷い込んでしまう可能性があると思い敢えて出題しました。

というのも、おそらく上級者の方がこのような局面をみたら第一感は車四進一で、以下将5退1(車を取ったら馬三退四で詰み)、車四平六、将5平6、車六進一・・・という手順を真っ先に思い浮かべると思います。

ですが今回は黒の底線に砲がいるので、車四平六のあとの車六進一が成立しなくなっているんです。

ここで発想を転換して正解手順の砲四平五に移れれば良いのですが、車四進一の手順にこだわって考えてしまうと全然解けず「あれ、おかしいな」ということになってしまう問題でした。

なお正解手順に関して、初手の砲四平五に対し将5平4だと、車四進一、士4進5、砲五平六で早詰みとなります。

問題㉓

7手詰め

問題㉓の解答

  1. 車六進五 将5平4
  2. 馬三進四 車8平6
  3. 砲三進四 馬6進4
  4. 馬五進七(紅勝)

この問題も手数のわりに難しかったのではないでしょうか?

最後の馬五進七での詰みが発見出来ないとなかなか正解手順は思いつかないのではないかと思います。

ただ逆にその最後の形さえ分かれば、ごちゃごちゃした駒の利きもすっきり整理して考えることができるでしょう。

最初の車六進五に将5進1は砲三平五で即詰みですし、続く馬三進四に対しては黒はどれで馬を取っても同じ手順で詰みになります。また将4平5と避けてもやはり砲三平五で詰みとなります。

問題㉔

11手詰め(途中一手ジャンでない手あり)

問題㉔の解答

  1. 砲七進一 馬3退2
  2. 馬四進六 将5平4
  3. 馬六進八 将4平5
  4. 砲七退二 馬2進4
  5. 砲九平六 砲4退6
  6. 砲七進二(紅勝)

この問題は恐らくほとんどの人が途中までは辿りつくのですが、5回合砲九平六という絶妙手を思いつくかどうかという問題でした。

この砲九平六は言われるとなるほどという手で、特に解説しなくても意味は分かると思うのですが、なかなか思いつきにくい手ですよね。

いつかは実戦でこうした妙手を読み切って勝ちたいなと思うのですが、なかなかその日は遠そう。

皆さんはこの問題解けたでしょうか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!