殺法初級 基本問題⑦

この記事では、殺法紹介④で解説した「二鬼拍門」「側面虎」「双将殺」「対面笑」の殺法問題とその解答・解説を掲載しています。

1手から3手詰めの基本問題ばかりですので、しっかり解けるように頑張りましょう!

問題㉑

3手詰め

問題㉑の解答

  1. 兵四平五 馬7退5
  2. 車六進一 (紅勝)

紅は車と兵が二鬼拍門の格好になっており、あとは詰ますだけという状況です。

黒は馬も守りに利いているので一見攻略が難しそうですが、兵四平五と取ってしまうのが好手。

もし馬7退5ではなく将5平6とよけても、同じく車六進一で詰め上がりとなります。

問題㉒

1手詰め

問題㉒の解答

  1. 砲九進六 (紅勝)

紅の馬が側面虎の位置で将の動きを制限しているので、砲九進六でジャンをかけるとそのまま詰みになります。

なお、この局面では砲九平四とただで車を取ることができますが、これには卒5進1で逆に詰まされてしまうので失敗です。

駒得に惑わされないよう注意しましょう。

問題㉓

1手詰め

問題㉓の解答

  1. 馬六進八 (紅勝)

局面は馬が移動すると砲によるジャンがかかる状況ですが、馬六進八と馬でもジャンをかけるのがポイント。

これにより黒の将には砲と馬でダブルのジャンがかかった状況になり、一度に両方受けることができず詰みとなります。

なお、馬六進八以外でジャンをかけると、馬4進5で詰まなくなってしまうので注意しましょう。

問題㉔

3手詰め

問題㉔の解答

  1. 兵四進一 将6進1
  2. 車二平四 (紅勝)

初手で兵四進一と兵を捨てるのがポイント。

紅は帥が中央の線をバッチリ牽制しているので、あとは車二平四と車の縦の利きを生かしてジャンをかければ詰め上がりとなります。

将の利きを存分に生かした対面笑の殺法問題でした。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!