殺法中級 応用問題②

この記事では、殺法紹介①で解説した「卧槽馬」「釣魚馬」「士角馬」「双馬飲泉」の応用問題とその解説を載せています。全て紅番で9~11手詰めと前回よりさらに難しくなっていますので、1問1問じっくりと考えてみてください!

殺法中級 応用問題①

この記事では、殺法紹介①で解説した「卧槽馬」「釣魚馬」「士角馬」「双馬飲泉」の応用問題とその解説を載せています。全て紅番で7手~9手詰めのちょっと難しい問題ですので、皆さんじっくりと考えてみてください!

殺法初級 基本問題②

この記事では、殺法紹介①で解説した「卧槽馬」「釣魚馬」「士角馬」「双馬飲泉」の練習問題と解説を載せています。全て紅番で3手~5手詰めと前回より難易度は上がっていますが、どれも基本問題なのでぜひ考えてみてください。

殺法初級 基本問題①

この記事では、殺法紹介①で解説した「卧槽馬」「釣魚馬」「士角馬」「双馬飲泉」の練習問題と解説を載せています。全て紅番で1手~3手詰めの基本問題ですので、皆さんぜひ考えてみてください!

殺法ってなに?

殺法(さっぽう)とは、シャンチーにおいて相手の王様を詰みに導くテクニックのことを言います。将棋でいう詰め将棋に似ており、これを知らないと優勢でも勝ちきることができません。重要なものには名前がついているので、ぜひそれらの殺法を覚えましょう!

スポンサーリンク