殺法初級 基本問題①

この記事では、殺法紹介①で解説した「卧槽馬」「釣魚馬」「士角馬」「双馬飲泉」の練習問題と解説を載せています。

全て紅番で1手~3手詰めの基本問題ですので、皆さんぜひ考えてみてください!

問題①

1手詰め

問題①の解答

  1. 馬六進七 (紅勝)

馬が動いて車でジャンをかけるところまではおそらくたどり着けたのではないかと思います。問題は馬の移動する位置でした。

卧槽馬の位置に進むのが正解で、これなら将4平5とよけることもできません。

なお馬六進四でも同様に将4平5を防いでいますが、これだと車1平4でジャンを回避されてしまうので詰みません。

問題②

3手詰め

問題②の解答

  1. 馬五進三 将6平5
  2. 車二進四 (紅勝)

初手で馬が釣魚馬の位置に進むのがポイントです。

もし将6進1とよけたら、車二平四で同じく3手詰めとなります。

問題③

1手詰め

問題③の解答

  1. 馬四進六 (紅勝)

馬四進六と士角馬の位置に入るのが正解で、黒は将と帥が向かい合ってしまうため士で馬を取ることができません。

横に逃げるのも紅の砲が効いているのでできませんね。

なお卧槽馬の馬四進三も一見詰みですが、この場合は車7退6と馬を取られてしまうので詰みません。

問題④

3手詰め

問題④の解答

  1. 馬三退五 将6平5
  2. 馬五進七 (紅勝)

双馬飲泉の基本的な形です。

もし1回合で黒が将6進1と逃げたら、馬五退三で同じく3手詰めとなります。

また仮に紅の初手が馬三退四だと、黒が将6進1と逃げれば馬四進二で詰みますが、将6平5と逃げた場合に詰ますことができません。よってこの順は不正解となります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!