実用残局講座 「双兵対士象全」

状況解説

今回解説するのは「双兵(2枚の兵)」対「士象全(守り駒は士2枚と象2枚)」という状況の残局です。

今までに解説した「双兵対単欠象」「双兵対単欠士」がすでに基本的には和の残局だったので、士象が一枚も欠けていない今回は相当勝つのは大変そうですね。

問題は勝つチャンスが少しでもあるのかどうかですが、果たして結果はどうなるのでしょうか?

例題①

最も強い双高兵の場合を見てみましょう。

  1. 兵三進一 象3進1
  2. 兵三進一 象1進3
  3. 兵三平四 象3退1
  4. 兵七進一 象1進3
  5. 帥四平五 象3退1
  6. 兵七進一 象1進3
  7. 兵七平六 象3退1
  8. 帥五進一 象1進3(和)

やはり「双兵対士象全」は勝つことはできず、必和残局になります。

例題の手順を見ても分かるように、黒は駒をうっかり取られないことだけに気をつけながら、ただ待っているだけで大丈夫です。

双兵が二鬼拍門の理想形で攻めてきても、2枚の士がしっかり守っているので怖くはありません。

通常であればこのあと例題②例題③と見ていくところですが、この「双兵対士象全」に関しては紛れなどもなく完全に必和なので、この1題だけの紹介になります。

実際に中国の残局の本でも、この残局は当然必和ということで載っていないことがほとんどです。

双兵側を持った場合は和にするのは悔しいですが、この残局に関しては実戦でもしなったら素直に諦めて和にしましょう。

まとめ

双兵対士象全」の残局は、

完全に必和

という結論になります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!