実用残局講座 「単兵対孤将」

状況解説

今回解説するのは、「単兵(一枚の兵)」対「孤将(将以外の駒は何もない)」という状況の残局です。

局面としてはかなりシンプルですが、果たして紅(攻撃側)は勝つことができるのでしょうか?

なおこの残局では紅の士や相はあってもなくても同じなので、今回は何もない状態で例題を作成しています。

例題①

まずは紅の兵が高兵(敵陣奥から4段目の兵)だった場合を見ていきましょう。

  1. 兵五進一 将5平4(平6でも可)
  2. 兵五進一 (紅勝)

兵で将を追い込んでいけば、将の逃げ道がなくなり自然と詰みになります。

配置が違う場合でも、帥の利きを生かしながら兵で将を下段に追い込んでいけば、どんな場合でも必勝です。

例題②

次は紅の兵が低兵(敵陣奥から2段目・3段目の兵)だった場合を見てみます。

将を下段に落とせていれば例題①のような要領で分かりやすいですが、画像のように3段目に逃げられてしまった場合はどうでしょうか?

  1. 兵三平四 将5平6
  2. 兵四平五 将6平5
  3. 兵五平六 将5平6
  4. 帥六平五 将6退1
  5. 兵六平五 将6進1
  6. 帥五進一 (紅勝)

兵を取られないように帥の利きがある六路まで移動させたあと、帥六平五中央を占拠するのがポイント。

これで将が横に移動できなくなり、移動範囲が大幅に狭まります。

また最後に帥五進一手待ちをするのがシャンチーらしい決め方で、黒は動かす駒がないのでこれで決まりです。

配置が違っても同じ要領で全て勝ちきることができるので、兵が低兵の場合この残局は必勝です。

例題③

最後に紅の兵が底兵(紅から見て最も奥の線にある兵)だった場合にどうなるかを見てみましょう。

  1. 兵四平五 将4進1
  2. 帥五進一 将4進1
  3. 帥五進一 将4退1
  4. 帥五退一 将4進1(和)

兵が底兵の場合、仮に帥が中央を占拠していたとしても、将が2段目と3段目を行き来するのを防ぐ手立てがありません。

どのような配置だったとしても、紅は将の動きを制限することができないので、この残局は必和となります。

まとめ

「単兵対孤将」の残局は、

兵が底兵以外なら必勝

兵が底兵なら必和

という結果になります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!