実用残局講座 「単馬対孤将」

状況解説

今回から単馬残局を解説していきます。

初回となる今回は「単馬(一枚の馬)」対「孤将(将以外の駒は何もない)」という状況の残局です。

非常にシンプルな状況ですが、果たして結果はどうなるのでしょうか?

早速見ていきましょう!

例題①

まずはこの局面を考えて見ましょう!

  1. 馬二進四 将4進1(将4退1も同じ)
  2. 帥五進一 (紅勝)

どうでしたでしょうか?

実はこの「単馬対孤将」という残局は、必勝の残局です。

要領としては、馬で将の移動範囲を制限した上で、あとは手待ちをすれば簡単に勝つことができます

手待ちをするという発想はシャンチー特有なもので初心者の方には浮かびにくいかもしれませんが、残局では地味ですが重要な攻撃手段の一つです。

これを機に戦略の一つとしてしっかり覚えておきましょう。

例題②

今度は黒の将が中央に居座っている形で、例題①の時より逃げ場所が多そうです。

この場合はどう勝ちに持って行くのでしょうか?

  1. 馬二進三 将5平4
  2. 帥四平五 将4退1
  3. 馬三退二 将4進1
  4. 馬二進四 (紅勝 以下例題①と同じ)

先ほど「単馬対孤将」は必勝と書きましたが、黒の将が中央にいる状態では移動範囲を制限しきれないため勝つことはできません。

そこで紅としては、なんとかして中央の筋を帥に奪還させる必要があるんです。

なんだか難しそうに感じたかもしれませんが、手順にするとわりと簡単。

初手の馬二進三がポイントとなる一手で、これにより将は上にも下にも行けないので、将5平4と横に移動するしかありません。

そしてそのタイミングを見計らって、帥四平五と帥を中央に移動させるだけです。

これで将は横移動が制限され上下の移動のみになったので、あとは例題①の要領で馬を使い上下の移動も制限することで勝つことができます。

例題③

この残局の勝ち方については例題②までの知識で全てですが、最後に初心者の方向けに簡単なテクニックを紹介します。

下の局面では、帥と馬と将が一直線に並んでいますが、紅はどう指せば勝てるのでしょうか?

  1. 帥五進一 将5退1
  2. 帥五平四(平六でも可) 将5進1
  3. 馬五進三 将5平6(紅勝 以下例題②と同じ)

例題③は、初心者の方が持ち時間の少ない状況で遭遇した場合、パニックになりやすそうな局面です。

というのも、馬が移動すると帥と将が向き合ってしまうので反則ですし、帥が横に移動すると馬が取られてしまいます。

「必勝のはずなのに・・・」と頭を抱えてしまうかもしれませんが、落ち着いて考えればやはり必勝です。

帥五進一と縦に帥を動かして手待ちをするのが正解で、黒は将を動かさなければいけませんが、これにより馬取りがなくなります。

黒が将5退1と縦に将を引いた場合は依然として紅の馬は動くことができませんが、馬取りが外れたので今度は帥五平四と横移動し、次に馬が自由に動けるようにするのがポイントとなる一手。

黒が将5進1から再度馬取りをかけてきた手に対しては、馬五進三から逆に将の動きを制限し、あとは例題②の要領で勝つことができます。

まとめ

「単馬対孤将」の残局は、

必勝

という結論になります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


error: Content is protected !!